午前0時57分 女性の声 推定年齢 30代後半かな。ハスキーな声 内容「あんたが悪いんやろ」 と言ってきた声が、酷くヒステリックになっている声。以前、同じ声で、「置き土産してあげる。ケラケラケラ」と笑いながら言い残して去った女性の声を思い出す。まったく同じ相手の物の声。この声が届いたのは、前の日記を書いた後でだ。反応の返りが早かった。ふーん・・・ なるほどね。と思った。

それよりも、胃は苦しくないので食べれるんだけど、腸のところが、なんか苦しい。両脇に、コルセットをしてない状態から、ずっと締め付けられてる感覚がある。もうかれこれ2週間以上。便が溜まってると思ったのだけど、そんなに食べてないし、ちょいと気になる。今日、あずき茶飲んだ。発汗があり、重い感じも拭えた。それが不思議。もしかして、誰か女性の呪いだろうか? 藁人形に、紐でもくくりつけて? まさかと思いつつ・・・以前も、「はよ先生 始末して」という夢から覚めた直後?の夢の声なのか、天井から聞こえた声を記録した日記を発見したから、びっくりしている。まさかのまさかだろうけどね。

きつい 死んでくれんやろか あの子 はよ始末して先生 | 隠岐の守一族

きつい 死んでくれんやろか あの子 はよ始末して先生 | 隠岐の守一族

謎解き!江戸のススメ  2013年6月10日放送 今週のテーマ: 「江戸の僧侶」│過去の放送

謎解き!江戸のススメ  2013年6月10日放送 今週のテーマ: 「江戸の僧侶」│過去の放送

これは、ある駅のホームで、ぜんぜん知らないおばさんたち、3人が、なんか視線感じて、感じたほうをみたら、こっちを視てて、なんか、こっちに知り合いの人でも居るのかな?と思って、私も、たしかキョロキョロ見回したと、なんとなく思い出したけど、じっとこっち視てるもんだから、気味悪くって、視線を離したら、

やっぱり、気になるから、もう一度見たら、にこぉーというか、にぃーっと笑ってるような口がつり上がったような笑い方をして、こっちを視てきて、それが印象に残ってて描いたのが、次の絵で、

このにぃーっとしたのを視て、気味悪くって、また目を伏せて、でも、やっぱり人間って恐いもの見たさだろうか、見ちゃいけないと解ってるのに視てしまうから、また視てしまった。それで、見たら、次の図のようになってた。

また、目が赤く光ってた。帰りの電車だったと思うんだけど、思わず逃げた。逃げても、帰らないといけないから、また戻るんだけど、おそるおそるだったような気する。

聞こえるのも、うるさいんだけど、妙なもんが視えたり、あったね。あとであげます。一番上の絵は、実際に起きている時に視えたもの。真ん中の絵は、初夢で視た神さんを描いたもの。下の絵は、実際に起きている時に、母の友人だと言っていたおばちゃんの背後から出てきたものを4コマで描いたもの。その一枚。最後にどうなったか。それは、次にあげる。

image
image
image

言っときますが、難聴 中 と診断されています。それなのに聞こえてくる 南西の方角からの声。「ふん。死にゃあいいわ。ふん。」という声。信じられん。なんでこんな声が聞こえるんだろ。前は、いくらか小さい声のままで、「どっかで誰かが誰かと会話してる。まただ」ぐらいで、右から左に聞き流して、お母さんに、「お母さん、なんか外で、おばちゃんが話してるのが聞こえた」と報告してた。窓開けてないのに聞こえるので、不思議だったのだろうと思う。母は、「吉田のばばぁにだけは、聞かれても、答えるな。と言っていた。昔は、ばばぁが、ここの地域一番の情報通で、どこの家の誰が、どんな理由で家を出ていったとか、説明してきた。母から、ばばぁから聞いたことは、誰かにしゃべったらいけん。と言われた。ばばぁは、並じゃない。」

94 計る。あんまり変わらない。心拍数って書いたら、幻聴で「心拍数なんて解るわけないやんw 嘘ばっかりいいよって」が、頻繁に聞こえていた声だったけれど、そのまま寝てしまってた。手首の脈取ってただけだよ。なんで、自分の日記に書いた記録を、他人から嘘呼ばわりされらなあかんのやろ。あほくさ。

背後で、女性の声で、なんか男性に訴えてるような声はするんだけど、前置きしておきます。私は、病院で「難聴 中」と診断されているので、こんな声聞こえるはずないんです^^; だから、恐いん。玄関に、郵便局さんや宅急便の人が来てる時も、声が小さかったら、気付かず、いつのまにか、郵便受けに「不在者通知」が投稿されており、現実の声は聞き取るまでに、何回か言ってもらうのに、なんで幻聴だけは、はっきり聞こえるのか、わからん。嘘は言ってねぇーよ。私は、5年勤めた会社での裁断機の騒音で両耳を圧迫しており、それで、「難聴 中」と診断されてたんだから。ほら。こんな調子で、背後から聞こえてくる幻聴に、答えてしまう_| ̄|○ 摩訶不思議な毎日です。。2歳からだね。最初は、「おいで。おいで」された。嘘じゃねぇーって。外に連れだされて、見知らぬ道路を歩いていたんだから。まただ_| ̄|○

人間の中で、おばさんが、どれほど恐いかというと、旦那さんは、早く物事が過ぎてくれるのを願うほうなので、厄介事が起これば、面倒臭がるのですが、対して、おばさんというのは、厄介事が起これば、差水を挿されたように、生気を取り戻す生き物なのです。女というものは、死ぬまで、人の幸不幸を生きる肥やしにして、そこから、生き足掻く。だから、いつまでたっても、若いのです。代わりに、男は、女から生気を吸われて、干からびる一方です。

今日も、朝から幻聴と戦う。鬼神に盛り塩をぶっかけるイメージで。一番恐いのは、生霊と悪霊なら、生霊が恐いということ。なにせ、もとが生きてるから。じゃあ、生霊と人と、どっちが恐いかというと、人です。人は、刃物が持てるから、すぐ刺殺される。じゃあ、人とおばさんとどっちが恐いかとうと、おばさんです。この世で、一番恐いのは、おばさんです。生きた化物なので。

私の最終野望は、高野山の大阿闍梨さんの首に、ネパール産のルドラクシャの実(ネパール地震で亡くなられた子供たちの供養に買ったものです)でこしらえた供養の数珠をかけたい。名前は決まってて、完成したら、「大日如来の数珠」と付けます。出来たらいいんだけど、生きているうちにそんな夢が叶うか解りません^^

数珠の玉数は、基本は108粒だそうです。108の煩悩の数を示しているそうです。ちなみに、109つ目の親玉のことを、スメルといいます。詳しい意味は解りませんが、スメルと呼ばれる大いなる煩悩があるそうです。なんなんでしょうね? 鬼神さんには、親玉だけの数珠を創りたいですね^^ 首から引っさげて、二度と取れないようにしてあげたいです^^

ちなみに、これが、チャンパカです。ヒマラヤ原産の黄木蓮チャンパカの種です。

これを蓮の台に埋め込んで、28粒のリストマーラーを作ろうとしてるところです。まだ完成していません。種は全部入れ込済みで、あとは、編みこむだけ。

【男子必見】男性におすすめなお香の人気ランキング | お香の選び方 | ピントル

【男子必見】男性におすすめなお香の人気ランキング | お香の選び方 | ピントル

Amazon.co.jp:SITAL(シタル) スーパーローズ香 スティック SUPER ROSE 6箱セット:ドラッグストア

Amazon.co.jp:SITAL(シタル) スーパーローズ香 スティック SUPER ROSE 6箱セット:ドラッグストア

HEM社(ヘム)インドお香【CHANDAN/チャンダン】1番人気お香チャンダン/インセンス/incense/インド香/アジアン雑貨/アロマ

HEM社(ヘム)インドお香【CHANDAN/チャンダン】1番人気お香チャンダン/インセンス/incense/インド香/アジアン雑貨/アロマ

朝のお香を焚いていたら、またどこからともなく声が聞こえて来て、「この匂い嫌い」みたいな声が聞こえてきた。私は、おまけで付いていたお香を焚いたのだけど、カンファの匂いだったので、「カンファの匂い嫌い?」と聞いたら、「臭い。やめて」みたいな訴えが返ってきた。それで、「じゃあ、トイレに持っていくわ」と答えて、トイレ前の窓から流した。その代わりに、いつもの白檀のお香を焚き直した。白檀の香を焚いていると、ああ、蜂の話をし始めたら、スズメバチに効くの?これ。と聞かれたので、「効くよ。近づけたら、白檀のお香の煙に触れただけで、スズメバチが、ひゅ~~っと気絶して落ちるから」と説明した。いままでに試してあるので、間違いありません。

今日は、NHKのほうでも、宮崎県美郷町という場所で行われる神事が紹介されている。神田と呼ばれる田んぼに、馬を入れて、牛を入れて、裸馬に男の人がまたがり、暴れる。この神田に馬を入れると、ご利益があるそうなので、近隣から、わざわざ馬を連れて入れる人もいるそうな。凄い。田んぼに、お神輿を入れて上下に揺らしながら、練り歩く。神事の最後は、田植えを、厳かに執り行う^^

私が警察に通報したのは、frijia研究家という人物が、私が患ってる病で、「麻痺が生じると、下腹部から下に感覚異常が生じて、何も感じないところがあり、それで悩んでいた頃の日記の内容を転用して、嫌がらせを行ってきた。長話を強要してきた人物と共謀していた時もあり、私が疲れやすい症状があることも承知で、嫌がらせしてきた。びっくりさせたり、不安にさせたり、ストレスを与えて、私が発作を起こすことを目的に近づいてきたことは、この人物の日記を読めば明白です」だから、警戒してきた。

私は、今は自炊出来てるけれど、台所で野菜切っていません。居間のほうで、まな板持ってきて、座って野菜切ります。そうするのは、台所で、立って野菜切っていた時、3回だったかな、包丁を握っていたんですが、するっと抜けちゃって、足元にブスっと落としたからです。幸い、足は切れていません。でも、無理だなと感じて、居間で野菜切って、居間で自炊しています。ガスコンロ使ってた頃は、やっぱり3回、すべって、そのまま、コンロから火が、ぼぉおおっと、天井まで上がったことがあって、台所のコンロ付近、なんか黒くなりました。そんなことがあったので、ガスは止めて、電気コンロで調理。それが、台所で調理しないから、近所から、なんか怪しまれているみたい。うーん・・・難しい。説明するのが・・

 一年当たらないと忘れる_| ̄|○ wp-members
が、いまだ理解出来ない;; 別のページを用意しないといけないんだろうとイメージは湧くんだけど、いらないみたいだし、フォーム画面を出すものだと思っ
ていたから、ページで画面出しするとは思ってもみなかった。また、ほかのセキュリティが引っかかってる可能性もあるんで、一つ一つ慎重に解いてみる。今の
段階では、「このままやる」 その前に、薬飲んでおかないと・・・足の指先が痺れてる。

朝っぱらから、凄い幻聴が流れてきて、驚いて目覚める。2016年7月31日午前6時49分現在 私が薬を飲むと書いたのは、これのことです。

母は、こんな薬処方されていませんので、母の薬ではありませんから。

Amazon | ステップアップDC-DCコンバーター150W | アクセサリ・サプライ オンライン通販

Amazon | ステップアップDC-DCコンバーター150W | アクセサリ・サプライ オンライン通販

Amazon | RioRand ☆特売☆ジャンプスターター 15000mAh 車載 カーエンジンスターター  充電式非常用電源 車用バッテリー充電器 モバイルバッテリー LED照明ライト付き LED非常ライトも搭載 スマホ/iPhone/iPad/ノートパソコンなど緊急充電 | ジャンプスターター | 車&バイク

Amazon | RioRand ☆特売☆ジャンプスターター 15000mAh 車載 カーエンジンスターター  充電式非常用電源 車用バッテリー充電器 モバイルバッテリー LED照明ライト付き LED非常ライトも搭載 スマホ/iPhone/iPad/ノートパソコンなど緊急充電 | ジャンプスターター | 車&バイク

Amazon | CAR ROVER ジャンプスターター バッテリーレスキュー 26000mAh マルチチャージャー 車用バッテリー充電器 カーエンジンスターター 緊急始動 モバイルバッテリー 非常用電源 パソコン/スマホ/iPhone緊急充電 LEDライト付き | ジャンプスターター | 車&バイク

Amazon | CAR ROVER ジャンプスターター バッテリーレスキュー 26000mAh マルチチャージャー 車用バッテリー充電器 カーエンジンスターター 緊急始動 モバイルバッテリー 非常用電源 パソコン/スマホ/iPhone緊急充電 LEDライト付き | ジャンプスターター | 車&バイク

なんか、今日は、背後のアクセスポイントからの幻聴は聞こえているけれど、とても、静か。そして、今日は、めちゃくちゃはかどったb ジャンプスターターと電圧電流変圧器を用いて、パソコンの充電完了。また、少々電流が足りなくても、充電できた。バッテリーの持ちを、これで、3倍まであげれる。連続で6時間使用可能。私のパソコンのタイプより電流がそんなにいらないタイプは、12時間使用可能になる。タブレットpcなら、12時間以上の使用可能。スマホなら、96時間使用可能分の電力を得られる。よっしゃ。次テストはいる。

最近、ツイッターの以前使っていたIDが、アカウント停止にあいました。違反行為をしているから。という理由からです。それは、当然の処置かと思われます。ですが、私が、アカウント停止にあった経緯は、私の住んでいる家の裏手で、急に、私の日記を読んでいるような会話が、大声で聞こえよがしに始まり、それで、恐怖を覚えたからです。 | 隠岐の守一族

最近、ツイッターの以前使っていたIDが、アカウント停止にあいました。違反行為をしているから。という理由からです。それは、当然の処置かと思われます。ですが、私が、アカウント停止にあった経緯は、私の住んでいる家の裏手で、急に、私の日記を読んでいるような会話が、大声で聞こえよがしに始まり、それで、恐怖を覚えたからです。 | 隠岐の守一族

2016年3月9日に、また、妙な書き込みをみせつけられる。これで、誰が、ここまで嫌がらせをしてくるんだろう?と、こころあたりを探る。

もともと、2015年2月から3月にかけて、私の前で、妙なことが始まり、それを私の気のせいなのか、気のせいではないのか、で探り始めたのが、「私の下の名前を4つ同時にずらーっと並べて現れた黒字アカウント数名の正体探り。略して、実名晒し行為をしてきた者を追う煽り日記の始まりだった」

この調査を続けてきて、一年半経った頃、いろんな妙な者が近づいてきて、妙な書き込みをしていった。これは、その中で、今年に入ってからの不審者の書き込み。

それなりの処置をする。と、言われてから、現在までに起こった出来事。まず、イラストレーターの方全ての名が、この人物の日記に記され、その後、イラストレーターが所属している イラストACというサイトに、「一雲巳影に加担するなら、脅す」とメールされてる。「日記を削除しないと、こうするからね」という宣言の通り、それを見せつけられた。その後起こったことが、私の亡き父の実名が、ネット上で晒されたことだった。関連性を疑う。時期をそんなに間があいてないので。

連続itigo小説への妨害行為。使用させてもらっていたイラストレーターの作品にリンクしたイラストレーター全てに対して、この人物は、「一雲巳影に加担するなら、こうしてやる」と脅しをしてきた。これを、わざわざ見せられた。公式サイトでも、このことは報告してきたし、イラストAC側にも、この人物からの嫌がらせ行為には注意を促した。モバゲーには、日記の削除を求めた。

そもそも、ここまでして来られたので、調べることになる。刑事さんがうちに来られたのは、2016年5月17日以降だったと思う。

2012年頃に出会った小説家を名乗る女性は、私の書きかけの「誰にも知られず誰かを助けた丘」を、完成させなさい。絶対に完成させるのです。と言ってこられました。。 | 隠岐の守一族

2012年頃に出会った小説家を名乗る女性は、私の書きかけの「誰にも知られず誰かを助けた丘」を、完成させなさい。絶対に完成させるのです。と言ってこられました。。 | 隠岐の守一族

午前2時25分 まただ。この時間に目覚める_| ̄|○ 昨日も、この時間だった。幻聴が聞こえてくるのは、しょっちゅうなので、いちいち気にしてはいられないけれど、内容が恐い内容で届くもんだから、そんときは、ひやっとする。今のとこ、まだ生きてる_| ̄|○ 枕元には、受話器置いてる。置いてるっていうか、すぐ取れる位置に。

午後22時30分現在 1分前に、廊下の奥の 玄関先なのか、足を石の上に上げたような音がした。気のせいかもしれないので、しばらく様子見る。

絵におこしておこうかと思う。

女性の20代ぐらいの声で、以前、40から30代の女性と書いた人なんだけど、今は、はっきりと所在地が視えてきてるんで、こいつがfrijia研究家だと思うんだけど、なにせ、アクセスポイントを南東から、南西に移動できるみたいな 妙なことが出来る人なのは解った。

まあ、絵に書かないと説明は難しい。

「言えばいい。あんたが、頭がおかしくなってると、自分で公然と開示していくようなもの。自分で、自分の立場を追い込んでるのが、わからないのか?」みたいに伝わる声。

これと同時に、「すいません!すいません!お願いします。それ以上書かないで。すいません。お願いします」と しきりに言ってくる女性の声が、重なる。

なんだろね。これ・・

幻聴 「おんな!おまえみたいなやつわ!」 それも聞こえてこないはずの声。それでも、私には、外に出る勇気がまだ出ない。そこには、刃物を持った健常者がいるから。でらんよ。でも、避難するときは出るから、後ろから追ってきて、刺さんでな^^ 数人の男が、計画立ててるようだけど、出たら最後、山に生き埋めされると思ってる。ひとばしらやね。

これぐらいで?たった、これぐらいのことが出来ないの? ほれ。試してみちゃるわ。ほら。これ持ってみろ。ほら。逃げんな!おら!持てや!これが、「言葉での殺人行為」以外になんだって言える? 背中に、足を置かれて、「もっと、そこじゃないやろ。そっち取りなさいよ。そっちの草取れてない。さっさと取れ。」 これも言われた。私が患ってる背骨に、前足を置かれて、溝に落とされそうになった。ずっと押してた。忘れない。私が、スーパーに買い物に行かなくなった理由は、美容室がある道で、まわりから死角になってるところで、母を乗せた車いすごと、ともども、私も、轢かれそうになったこと3回。「きゃはははははは」と、笑いながら去る軽四の車種を忘れない。これでも、私を殺し足りないの?

「腰部脊柱管狭窄症」

「腰部脊柱管狭窄症」

もうすぐ「伊豆諸島沖スーパー巨大地震」がくる!? 学者・研究機関が同一地域の地震発生を警告! – エキサイトニュース

もうすぐ「伊豆諸島沖スーパー巨大地震」がくる!? 学者・研究機関が同一地域の地震発生を警告! – エキサイトニュース

もう一つ。2011年2月2日午後22時3分 こんな日記を書いていた。これを読み返して、ぞっときた。なんだろこれ。 | 隠岐の守一族

もう一つ。2011年2月2日午後22時3分 こんな日記を書いていた。これを読み返して、ぞっときた。なんだろこれ。 | 隠岐の守一族

やたら、黒巳とおみぃさんのことを書いてる。2011年2月のデータベースを開いて調べる。はっきり言います^^; 記憶にある日記は、一つもない。黒巳とおみぃさんは解るけれど、書いてる内容が、書いてるはずの私が、ぞっと来てるから。なんだろね。。幼い頃から、こんなだったのは解ってるけど、改めて日記を開くと、当時の私が何を考えていたのか、さっぱり・・ | 隠岐の守一族

やたら、黒巳とおみぃさんのことを書いてる。2011年2月のデータベースを開いて調べる。はっきり言います^^; 記憶にある日記は、一つもない。黒巳とおみぃさんは解るけれど、書いてる内容が、書いてるはずの私が、ぞっと来てるから。なんだろね。。幼い頃から、こんなだったのは解ってるけど、改めて日記を開くと、当時の私が何を考えていたのか、さっぱり・・ | 隠岐の守一族

2011年3月の日記を今から調べてる。確かに、やたら落ち着かない様子で、黒巳ちゃん、おみぃさんのことを書いてる。日記の様子は、途中、自動書記化してる^^;で、じゃあ、当時の私は頭狂ってたのか?といえば、そうでもない。ちゃんとまともな日記もある。その証拠。 | 隠岐の守一族

2011年3月の日記を今から調べてる。確かに、やたら落ち着かない様子で、黒巳ちゃん、おみぃさんのことを書いてる。日記の様子は、途中、自動書記化してる^^;で、じゃあ、当時の私は頭狂ってたのか?といえば、そうでもない。ちゃんとまともな日記もある。その証拠。 | 隠岐の守一族

今、比較的静か。聞こえてはいるけど、そんなに危ない会話じゃないし、なんでも聞こえたものを書くのは、母から怒られていたので、書かないけど、まあ、ピーマン全部種取り終わった。セロリを切ろうと思うのだけど、冷凍庫が空かない。昼飯は、ガネーシャさんにお供えした団子を食べた。水分だけは、しっかり取ってる。なんか、幻聴で、「言うだけぇー」というのが聞こえてはいるんだけど、むかっと来るけど、ほっとく。ガネーシャさんにお供えした団子は、必ず食べるんです。ものすごく後から、言葉が降って来たりとか、「ふと、気づいたり」とか、インスピレーションもらえるから。いつも、お供えして、「食べていい?そろそろ」と言ってから、食べてる。これで、充分、昼食になる。

午後14時52分 今静かになった。ほっ・・としてる。今日の鬼神の幻聴は、並じゃない。いつか消えるんだろうか? なんで、こんな幼い頃のわけのわからない力が、今頃になって発動したのやら_| ̄|○ 面倒である。とりあえず、変な夢みたら、また描く。大丈夫だと思うけど・・・書いておかないと、すぐ忘れるのだ。今から、ピーマン7袋開けて、全部種取り始める。開始。

こんな声が届くのが、どうしてなのかなんて、理由説明は出来ない。それより、母が書いた日記を掲載しただけで、まわりが騒がしくなったように感じる。まさかと思うけれど、母が書いているその内容に書かれた人物が、母が言っていた人物と同一の人物である可能性は、解らないけれど・・・うーん。。。母と何かあったのだろう。すでに母は亡くなっている。さてと、どうする? 母の日記を掲載することは、何か間違っているんだろうか? 死んだ人でも、彼女の倒れる前の なまの声の最期の日記である。母の日記を書いて悪いだろうか? 犯人さんへ

この二つは、母が倒れる 平成19年7月23日 の三ヶ月前に 母が書いたものです。

母は、意識を取り戻したのは、平成20年1月頃だったので、聞いてみましたが、答えませんでした。なにせ、脳出血による 脳疾患性の痴呆症と診断されたので、答えれません。

ですが、母が意識を取り戻した四ヶ月目、母の病室に、午前7時に訪問してきた人物がいた。その人物が、今回の 父の実名晒し事件に関与していないと思いたいけれど、この9年間で、近所とのトラブルというと、私は、罰金騒動ぐらいで、あとは、母が倒れる前にあった近所トラブル以外、うちを恨んでいる人を推定することは出来ませんでした。

ほかに誰かいるのか、解りません。

ああ。自分の父親を殺されたと思っている私のことをよく知る男性が居たら恐いですね。よく幻聴で届くのは、「俺のおやじの敵」と言ってくる男性の幻聴です。恐いです。

これは、母の筆跡です。あと、母から頼まれた御札。母がどのように用いたのか、解りませんが、私は、小さい頃から 巳神さんの夢ばかり視ていたので、これを「家をお守り下さい」という意味を込めて書いて、渡してました。小さい頃からね。

恐いですか? このお守り。私は、ちいさーーい頃から、ずっと書いてるので、怖くありません。

ただ、母の日記の内容が、恐いです。これは、父が亡くなる 平成14年10月3日の前に起きた出来事のようです。

大伯母へ あなたは、大伯父ともども助けてくれた唯一の身内です。ですが、今回一族の顔に泥を塗る行為をしなければならない事態になりました。貴女は、「●●●ちゃんが悪いんじゃねぇーな?」と言われました。それに反論致します。「●●●ちゃんの言うこと、信じられんよ。そこまで、普通の人がする?信じられんわ。あまりに恐ろしいことやわ。そんなことあるんな?」 そんなことがあったから、警察まで相談したんです。証拠もみせたんです。そして、私の家に来られた刑事さん二人は、私が「近所の人が犯人だ」などと言っていないのに、「こんなことを出来るのは、近所の人でしょ」と、何度も言われた。私が刑事さん二人に見せた証拠は、ネット上で父の実名がそのまま漢字そのままで掲載されたものでした。父は、平成14年に死亡。戸籍から除籍されています。公共料金から父の名前が調べられるとは思えません。14年も経つのです。その父の名が、私がネット上で言うはずもないのに、私の目の前で晒された。そして、その晒されたのを確認して後、frijia研究家という人物が2016年5月2日に、意味深な日記を掲載し、そのすぐ後に、私の住むこの家の庭のある南の方角から、得たいの知れない人物から「おまえの日記読んでるぞ!こんな人の悪口書きやがって!」と 午前7時ごろにおらびつかれた。ここまで読めば、警察に通報するのは当たり前であり、警察は、ここまでの経緯を、私から聞いて、そして、私が見せた証拠を視て、そうして、こう判断されたのです。「こんなことが出来るのは、近所の人でしょ」と、はっきり言われました。信じられないでしょうね。私も信じられません。私が追っていた実名晒を行っている者が、ある教団関係者の人たちだと思っていたものが、こいつらが犯人だと思い疑い、煽り日記まで書いて追ってきたのに、それが追えば、こういう結果に繋がった。追って行ったら、ある日突然、それが近所の人の可能性が高いと言われた。信じたくないけれど、もしかしたら、普通に そこに居る人の見知った人の中に、背後に、真犯人がいるかもしれないんです。すぐそこにです。私は、この5年間、近所のだれとも会話していません。会話と呼べるようなことはしていない。会話もしていないのだから、トラブルも起こりようがない。なのに、これだけは間違いなく外から聞こえてきた言葉でした。「あの女、自分の立場も解ってねぇーんよ」「自分が悪いんじゃねぇーな」です。まったく身に覚えがありません。あるとしたら、「私の病に関する注意するべき事を記した書類を作成し、区長に渡し、その区長に渡した時に、「罰金を免除してあげるみたいなことを言われた」 そのことを、「班の者には知られないように。または、言わないこと」と言われた。ところが、私が誰にも言っていなかったことを、近所の複数の人たちが知っており、それを「おまえが、区長に頼んだんだろ」と、いきなりそう言ってきた。驚きです。私は、今気がついたんですが、平成19年には、おそらく私の家の内部での会話とかは、複数の近所が盗聴していた可能性があります。そういう行為をされていた可能性があります。しかも、ありもしないことを、いままも、でっち上げられており、そこまでされて解ったことは、「母が 平成19年7月23日、自宅ではなく、他人の家の居間で、なんの介抱もされず、口から泡を吹いた状態のまま放置されて横たわっていたこと。それを、「●●ちゃん。おかあさん寝てるから、早く連れて帰って。起こして」と言われて、あがった家の居間で、そんな状態の母を発見したこと。そのことを、私は「何があったんですか?」と聞くと、その人は何も答えないで、ただ、母を連れて帰れと言ってきた。それを、そんな状態ではない。このまま帰ることは無理だと断ると、タクシーを呼ぶから家に帰ってと言われ、私は救急車を呼んでほしいと頼んだのです。ですが、いつまで経っても呼んでくれなかったのです。それで、私が呼ぼうとすると、「家に帰って、自宅からかけて」と言われた。そんなこと、この状態では無理だ。と、私は反論し、その人と問答になりました。その問答をしばらくした末に、相手が折れてくれて、それで、やっと救急車を呼んでくれた。そのときも、私が救急車を呼ぼうと受話器を取ろうとしたら、ものすごい剣幕で受話器を取られて、「私がかけるから、●●ちゃんは、これでお母さんをみてて」と言われて、タオルを渡された。私は、母の口元をタオルで拭って、口の中に溜まってたものを拭い取りました。いっぱい泡を吹いていたから。そして、救急車が来るのを待ちました。(私にかけさせなかったのは事実です。) その末、救急車が来て、そして、母は搬送先の脳神経外科の病院で、医師から、「なんでもっと早く連れてこなかったか!」と怒鳴られて、そう言われたのです。この、その人との問答さえなかったら、もっと早く母を病院に連れていけた。この時の出来事が、原因だとしか考えられない。どうして、私は、そう言うかというと、私の治療を行ってくれていた医師が、母亡き後で、突然豹変し、こう言ってきたことがありました。「あなたは、この町のどこの病院に行っても、診てはもらえないでしょうよ」とです。こんなことを言われたら、何か、背後から大きな力が働いて、医師がそんなことを言ったとしか考えられないじゃないですか? この医師とのトラブルは、他にも疑う人物がいますが、この医師から言われた言葉は、「町一つ、動かせるような力を持った誰かが、背後で何かを働きかけて、医師に圧力をかけて、そう言わせたとしか考えられません」 それが、私が、今も疑っていることです。そして、私が、こんな日記を書き続けている理由は、それに対するものです。「騒がなければ、私は、「何か当り障りのない理由で、片付けられる」そう思ったからです」 伝えておきます。いままでありがとうございました。 | 隠岐の守一族

大伯母へ あなたは、大伯父ともども助けてくれた唯一の身内です。ですが、今回一族の顔に泥を塗る行為をしなければならない事態になりました。貴女は、「●●●ちゃんが悪いんじゃねぇーな?」と言われました。それに反論致します。「●●●ちゃんの言うこと、信じられんよ。そこまで、普通の人がする?信じられんわ。あまりに恐ろしいことやわ。そんなことあるんな?」 そんなことがあったから、警察まで相談したんです。証拠もみせたんです。そして、私の家に来られた刑事さん二人は、私が「近所の人が犯人だ」などと言っていないのに、「こんなことを出来るのは、近所の人でしょ」と、何度も言われた。私が刑事さん二人に見せた証拠は、ネット上で父の実名がそのまま漢字そのままで掲載されたものでした。父は、平成14年に死亡。戸籍から除籍されています。公共料金から父の名前が調べられるとは思えません。14年も経つのです。その父の名が、私がネット上で言うはずもないのに、私の目の前で晒された。そして、その晒されたのを確認して後、frijia研究家という人物が2016年5月2日に、意味深な日記を掲載し、そのすぐ後に、私の住むこの家の庭のある南の方角から、得たいの知れない人物から「おまえの日記読んでるぞ!こんな人の悪口書きやがって!」と 午前7時ごろにおらびつかれた。ここまで読めば、警察に通報するのは当たり前であり、警察は、ここまでの経緯を、私から聞いて、そして、私が見せた証拠を視て、そうして、こう判断されたのです。「こんなことが出来るのは、近所の人でしょ」と、はっきり言われました。信じられないでしょうね。私も信じられません。私が追っていた実名晒を行っている者が、ある教団関係者の人たちだと思っていたものが、こいつらが犯人だと思い疑い、煽り日記まで書いて追ってきたのに、それが追えば、こういう結果に繋がった。追って行ったら、ある日突然、それが近所の人の可能性が高いと言われた。信じたくないけれど、もしかしたら、普通に そこに居る人の見知った人の中に、背後に、真犯人がいるかもしれないんです。すぐそこにです。私は、この5年間、近所のだれとも会話していません。会話と呼べるようなことはしていない。会話もしていないのだから、トラブルも起こりようがない。なのに、これだけは間違いなく外から聞こえてきた言葉でした。「あの女、自分の立場も解ってねぇーんよ」「自分が悪いんじゃねぇーな」です。まったく身に覚えがありません。あるとしたら、「私の病に関する注意するべき事を記した書類を作成し、区長に渡し、その区長に渡した時に、「罰金を免除してあげるみたいなことを言われた」 そのことを、「班の者には知られないように。または、言わないこと」と言われた。ところが、私が誰にも言っていなかったことを、近所の複数の人たちが知っており、それを「おまえが、区長に頼んだんだろ」と、いきなりそう言ってきた。驚きです。私は、今気がついたんですが、平成19年には、おそらく私の家の内部での会話とかは、複数の近所が盗聴していた可能性があります。そういう行為をされていた可能性があります。しかも、ありもしないことを、いままも、でっち上げられており、そこまでされて解ったことは、「母が 平成19年7月23日、自宅ではなく、他人の家の居間で、なんの介抱もされず、口から泡を吹いた状態のまま放置されて横たわっていたこと。それを、「●●ちゃん。おかあさん寝てるから、早く連れて帰って。起こして」と言われて、あがった家の居間で、そんな状態の母を発見したこと。そのことを、私は「何があったんですか?」と聞くと、その人は何も答えないで、ただ、母を連れて帰れと言ってきた。それを、そんな状態ではない。このまま帰ることは無理だと断ると、タクシーを呼ぶから家に帰ってと言われ、私は救急車を呼んでほしいと頼んだのです。ですが、いつまで経っても呼んでくれなかったのです。それで、私が呼ぼうとすると、「家に帰って、自宅からかけて」と言われた。そんなこと、この状態では無理だ。と、私は反論し、その人と問答になりました。その問答をしばらくした末に、相手が折れてくれて、それで、やっと救急車を呼んでくれた。そのときも、私が救急車を呼ぼうと受話器を取ろうとしたら、ものすごい剣幕で受話器を取られて、「私がかけるから、●●ちゃんは、これでお母さんをみてて」と言われて、タオルを渡された。私は、母の口元をタオルで拭って、口の中に溜まってたものを拭い取りました。いっぱい泡を吹いていたから。そして、救急車が来るのを待ちました。(私にかけさせなかったのは事実です。) その末、救急車が来て、そして、母は搬送先の脳神経外科の病院で、医師から、「なんでもっと早く連れてこなかったか!」と怒鳴られて、そう言われたのです。この、その人との問答さえなかったら、もっと早く母を病院に連れていけた。この時の出来事が、原因だとしか考えられない。どうして、私は、そう言うかというと、私の治療を行ってくれていた医師が、母亡き後で、突然豹変し、こう言ってきたことがありました。「あなたは、この町のどこの病院に行っても、診てはもらえないでしょうよ」とです。こんなことを言われたら、何か、背後から大きな力が働いて、医師がそんなことを言ったとしか考えられないじゃないですか? この医師とのトラブルは、他にも疑う人物がいますが、この医師から言われた言葉は、「町一つ、動かせるような力を持った誰かが、背後で何かを働きかけて、医師に圧力をかけて、そう言わせたとしか考えられません」 それが、私が、今も疑っていることです。そして、私が、こんな日記を書き続けている理由は、それに対するものです。「騒がなければ、私は、「何か当り障りのない理由で、片付けられる」そう思ったからです」 伝えておきます。いままでありがとうございました。 | 隠岐の守一族

なんで、あなたは、平成19年7月23日に倒れて病院に運ばれた母を、その母が意識を戻したことを「誰にも告げていなかったし、病室前には、母のネームも出していなかったのに」、母の病室から午前7時過ぎたぐらいに、午前8時前に、私が母の病室に入ろうとすると、あなたが出てきたんですか?そんな朝早く、母の病室から、あなたが出てきたんですか? | 隠岐の守一族

なんで、あなたは、平成19年7月23日に倒れて病院に運ばれた母を、その母が意識を戻したことを「誰にも告げていなかったし、病室前には、母のネームも出していなかったのに」、母の病室から午前7時過ぎたぐらいに、午前8時前に、私が母の病室に入ろうとすると、あなたが出てきたんですか?そんな朝早く、母の病室から、あなたが出てきたんですか? | 隠岐の守一族

もう一つあった。母の介護中に、母を車いすに乗せて散歩に出かけた時のことだ。母の車いすにぶつけてくるように、軽四の車が、横を猛スピードで通り過ぎることがあった。これが、3回あった。同時期に、私自身も、自転車に乗れていた頃だったのだけど、同様に猛スピードで横を通られて、転倒させられることが、数度あった。平成20年から、平成23年11月29日までの間、母が、放射線治療を始める前まで、このような 妙な出来事は続いた。

私は、正確には、9年間は近所を立ち歩いていない。最初の数年は、母の介護で、車いすに母を乗せて、それで散歩する程度は出来たので、その時は、・・・やはり会話をした記憶はない。人がいない時間帯を用いて、散歩に出ているので、これで、近所トラブルがあったか? 答えは「無い」 だけど、実際に、市警の刑事さんは、「近所の人でしょ」と言って帰っていかれた。それは、父が、平成14年に亡くなった人物で、ネット上で、父の名を言ってもいない私が、突然、今年になって、死んだ父の名を 晒されたことだ。刑事さんの話では、「ネットでおとうさんのことを話していないなら、どこで、死んだ人の情報を得るんですか? こんなことを知っている人は、近所の お父さんのことを知っている人以外いないでしょ?」と、もっともらしく意見を述べられた。それで、疑問に感じてた。父は、近所トラブルはなかった。その父の名が晒されたのだ。父以外で、うちに恨みを抱いている人物が居るとしか考えられない。それで、母が、近所の人と、どのようなトラブルがあったか? 母の日記を調べ始めた。けっこう、色々悩んでいたようだ。この中に、今回の犯人は居る可能性はあるかもしれない。私への恨みがあるとしたら? そっちの線は、ないと思う。なぜなら、この9年間、出ていない。近所の人とも会話していない。ただ、刑事さんには、「母が亡くなって以後、病院の先生が、態度を豹変するようなことがあったこと。それと、母を介護している間に、当時の区長との間で、罰金問題で近所の5人の女性が、「話してもいないのに、すでに知っており、それをネタに、私が罰金を免除してもらおうと動いたんだろと噂がたった」 それぐらいしか、トラブルらしいトラブルは思い出せない。他は、母の介護中にあったことは、看護師さんとの間に、連絡のあるなしがあったぐらいである。

これが、2016年2月9日 この日、私が視た風景の中に、違和感を覚えるものがあったので記録したものだ。まだ、ここまでなら、私の気のせいかもしれないと思った。

それが、次に現れたのが、こいつらだった。

image
image

この人物が現れた時、もう、命の危険を感じてた。

その後、私の家の庭先で、「おまえの日記読んでるぞ!」とおらびついて来る人物が現れて、それで、警察に相談した。その後、刑事さんが2人来て、「ここまで知ってる人なんて、近所の人でしょ」と 意味深なことを言われて、私は、ネット上で ある教団の名を語った人物の友人だと名乗る frijia研究家という人物から絡まれていたので、しかも、「私のネット上での活動を晒されて」

その後、frijia研究家の日記に、2016年5月2日に、「南西のいかれやろう」と、妙な日記を書かれており、こいつは、私の住んでいる地域を知っているふうなことを書いていた。

image

この日記を確認したのが、2016年5月17日である。BALIという人物と 非公開で対局をしていた 私の父の実名と まったくおなじ漢字を用いて、「私を、わざわざ 追い出し機能を用いて、追い出して後、非公開で対局を初めて後、私の目の前で、私の父の名で、罵倒し始めた者」は、

その後、私の住んでいる家の庭先で「おまえの日記を読んでいるぞ」とおらびついてきた。

だから、そう思ったので、サイバーポリスに通報した。それで、県警が、市警に連絡し、市警が、刑事2人をよこして、私の家の中で、これらの証拠を確認して、帰られた。

その時、刑事さんは、こう言った。「これは、近所の人のしわざでしょ」とだ。

南西の方角 「●●●ちゃん。ばかやわぁ・・・消されるわ」 消されるわ?ってなんだろ? また、ツイッターのIDを3つ同時にアカウントロックをかけてきた あのやり口だろうか? frijia研究家、また動き出したか? 私には、これが近所の人の声で聞こえてくるので、びっくりしてる。刑事さんには、証拠は見せた。ネット上で、私の父の実名が晒された。私が「実名を明かす前にである」 もう、命が狙われる危険を感じており、犯人が、「自分の存在がバレることを危険視して、こちらの日記の抹殺を図ってる」 それは、この前のアカウントロックで、もうすでに始まってる。日記を削除すれば、おそらく 私は、殺されると思うよ。刑事さんへ そういうことなんで、よろしく

近所には、殺りそうな人物は、居る。数人は覚えている。1人は、私にいきなり抱きついてきて、その後、母にほうきで殴り倒されて、父と母と 私の前で謝罪させた。そのあいだも、私に抱きつくなどの行為をしてきており、そのたびに、母が包丁を出して脅した。離れようとしなかったからである。そのおじさんが、後に、心筋梗塞で搬送されたらしく、そのまま逝った。あとは、私の前で、男の下半身を出して、触ってる様子をみせられた。そのおじさんは、まだ生きているようだ。母が亡くなった後で、しきりに、家の中に入れてくれみたいに来たけれど、大声を出して、帰らせた。来たら、切り落とすか、潰す。ほかは、重たいものを持たせようとした人だったけれど、その人も、むりやり腕を引っ張ったりして、むりやり持たせようとしたりしたので、警戒してる。他には、今回のこの事件である。人のパソコンでの「書いてる様子を、今、読みながら視ている男と、その周辺に女が複数いる」 そんな会話が聞こえてくるのだ。恐いことだ。他には・・・ああ、いた。草刈機で、稼働中の刃をむけてきて、「ぶっころされてぇーか」と言ってきた前の前の平成20年に区長を勤めていた人。この人も、暴力的だった。なんか、年間に、区長手当で、30万円もらってることを、やたら自慢していた人だった。ここは、お金が絡むと、殺人もやりかねない男が多いと思う。世の中は、常に、金銭がらみだ。まだいたか? 居るとは、私が思ってもみないようなところに、もしかしたら居るのかもしれない。外に出たとたん、いきなり、ブスっと刺される可能性もある。解らない。そうとう、私は想像があちこち思い当たるふしがあって、誰もが、私を殺しかねない動機があると思えてならないのだ。母は、そうとう憎まれていた。なにせ、「蛇憑き」と噂されるほど、気味悪がられていたからだ。ぼちぼち思い出す。刑事さんには、「人から恨みを買うようなことがありませんでしたか? 近所トラブルで」と言われた。あれは、どういうことだろう? いきなりそう聞かれたのだ。まるで、前もって、近所から、刑事当てに、何か言われていたんだろうか? 私が何も言ってないのに、刑事さんが言われたのだ。そこらへんを、刑事さんが、どんな捜査をしているのか、分からないし、してないのかもしれないし、どっちにしろ、様子を見る。いずれ、私の身に何かあれば、それで解ること。

東の方角で、午前10時15分 見知らぬおばさんの近所の人じゃない声で、大声で、「ほら。何かかにか、言いよるぞ!」これを、笑いながら大声で、こっちに向けて言ってきてるのが聞こえて、びっくりした。なんだ?と思った。5年間、近所の人と会話してないから、これが、近所の人の声なんだろうか? まさかと思いながら、鬼神が部屋の中で言ってるかもしれないので、惑わされないように気をつける。やっぱり、ガネーシャさんのMantraを流そう。まさかね^^; やっぱり、あの「私の家の裏庭で、「おまえの日記読んどるぞ!」と言ってきた誰かのことを、警察の人が、「近所の人でしょ。こんなことするの・・」と言ってきた意見から察するに、私が、この何ヶ月か、ずっと恐怖におびえているということかもしれない。PTSDだな。心的外傷後ストレス障害。「近所の人が、いつまでも、この日記を読んで、裏で噂しあってるのが、「このように聞こえる」と幻聴が聞こえてきており、それに悩まされているということだ」 はやく犯人がみつかるといいのだけど、私を、ネット上で、脅してきた犯人らしき人物の多くは、「レイプし、殺す」と宣言して近づいてきた。だから、近所のおじさんの中に、そんなことを考えている人がいても、おかしくはない。警戒だけは怠らずにいよう。

朝の幻聴は、その後は、東の方角から、「あんなこと書きよるんで!」というのが聴こえてるけど、かなり取り乱している様子。うーん。。。なんで、こんな声が聞こえるのか、解らない。解らないけれど、2歳から、こういう幻聴が聞こえていたのは確か。一番聞こえてきていた頃に、どういうわけか、46歳になって、10代戻り。何がなんだか、忘れていた頃の不思議体験を思い出させた。ところで、ニュースを視ていたら、インド映画が世界興行収入100億円を超えたと報道されており、それが、日本に上陸したそうだ。おおお・・と驚いた。今、インドが熱い。行ったことがないところだけど、ガネーシャさんの故郷で、これは、宣伝せねばと思った。

こういう時も、やっぱり創作を考える。事件ものは、首謀者が、独りの場合と 首謀者が居て、その協力者が複数の場合では、人の心の変化の描き方は違ってくる。そう思う。単独犯だと、「殺った事実は、おのれだけのもの。誰かに知られていることさえなければ、独り黙っておけばいいだけ」 これが、首謀者を筆頭に、複数の共犯者が絡んでいると違う。互いが、互いを疑い始める。「いつか、こいつ、警察に出頭するなんて言わないだろうか?」とか、だから、殺人事件ものを書く場合、「現場を目撃されていることを前提に、目撃者を次々殺害というふうに物語は展開していく」または、「現場に立ち合わせた共犯者全員との、殺害後の関係の変化を、物語タッチで描いていく。それが、「口封じ」などの二重殺人として描く展開のしかた。推理小説家は、これに、もっと何かをプラスαするんだろうか? 私には、想像も付かない。

まんが日本昔ばなし 「キジも鳴かずば」|GYAO!|アニメ

まんが日本昔ばなし 「キジも鳴かずば」|GYAO!|アニメ

午前7時02分ぐらいだろうか。それとも、0分だっただろうか。前に比べたら、小さな幻聴のみで済んでいる。「・・何かあったんやわぁ・・これ。・・・の呪いやわ」という声が聞こえてきてた。後は、「ばぁーかやわ。おまえが、自分で出してるやねぇーかw ぶぁはははw ばぁーかw 死にゃあいいわw ぎゃはははははww 噂ばら撒いてやろw 見ものやわw」と言ってる声が、それに続く。こんな声が聞こえた。南西の方角から。

地震情報 茨城県北部 – Yahoo!天気・災害

地震情報 茨城県北部 – Yahoo!天気・災害

地震情報 伊豆半島東方沖 – Yahoo!天気・災害

地震情報 伊豆半島東方沖 – Yahoo!天気・災害

地震情報 山梨県東部・富士五湖 – Yahoo!天気・災害

地震情報 山梨県東部・富士五湖 – Yahoo!天気・災害

また、幻聴で聞こえてきた女性たちの声。内容は、こう。「なんで、これを流したの? ●●さーん。なんで?」と、怒りながら驚いている女性た
ちの声。それに対して、私は、ちょっと不思議な気持ちになった。それは、私が、荒御魂に堕ちたらいけないから。和御魂でいなきゃいけないから。ガネー
シャ・スバ・ラーバ・マントラは、己の純質(和御魂だと思うけど)に戻れというMantraだから。聞くよ。それに、誰かの目にも、Mantraが流れま
すように。そういう祈り。誰もが、タマスを抱えてる。タマスというのは、暗質の心の部分を言うんでしょ?と、問うてみた。

今日は、この夢が気になり、母がぐったりしていたので、暑いんだろうか?と思って、遺骨を入れた引き出しの中を整理していたの。そしたら、なんか、色々母が書いた日記がぞろぞろ出てきて、それを、なんとなく読んでいたら、平成19年の日記が、ごそっと出てきただけ。他にも、いっぱい出てきた。母は、当時から、どうも、色々思い悩んでいたようです。それと、蜂の夢の中で、母がぐったりしていたので、引き出しを整理したのとは、別の話。これは、たまたまです。