葬送や墓の流行、150年の大転換期 葬儀の“価格破壊”最前線〈週刊朝日〉(dot.) – Yahoo!ニュース

葬送や墓の流行、150年の大転換期 葬儀の“価格破壊”最前線〈週刊朝日〉(dot.) – Yahoo!ニュース

生きてる人で、絶対に取り憑かれる心配のないタイプ。それは、生きたまま 悪霊にしか視えない性悪の人は、憑かれてそうなってるか。根が悪霊を超える悪党の性根だったら、悪霊のほうから、逃げる。だから、生きた盛り塩。毒には、毒を盛って制す。だから、ここには、悪霊が入ろうとして、みんな、生きた悪霊のような盛り塩の人に殺されるか、追い出されて、居付けない。と思いたいんだけどね。御札を取った。昨日。いまのとこ、無事。変な夢を視たけど、今日は、どうだろ。神さんの札がある場所に、いつも待機してるから、無事だと思う。あとは、近所の悪霊盛り塩の力次第。様子見。

やっぱり、動物が一番純粋。あの大型犬も、二頭、家まで追い返すために、じりじり追い詰めたことがある。あんとき、目がかなりイッてて、がぶっと来そうな雰囲気だったんだけど、なんか、引くのが嫌で、そのまま、家まで「いいから、帰れ」「いいから、帰れ」と、私のほうからにじり寄った。動物とは、タイマンを張るのが一番会話出来る。これで、あいつらは、私の顔を視ると、逃げるようになった。吠えることは吠えるけど、怖がって吠える。動物は解りやすい。いま、まだ私の顔を覚えているか、解らない。

宮司のお仕事は、「鎮守」 でも、呪いの御札を書こうと思えば出来るのも神主さんだと思う。殺されかけた。あんときの恐ろしさ。「先生。はよ始末して。あの子」 この女の横で、祈祷みたいなことをしてる爺ィが居て、こいつを絶対忘れない。三婆に尋ねると、黙ってる。やっぱり、呪い殺そうとしてきたんだ。あんとき、どんだけ恐い存在か知らされた。この歳になって、この世の中、ばけもんばかりが居るのだと知った。坊さんも化け物だったし、宮司さんも化け物だった。ハイルのファンというやつらも、化け物だったし、近所には、生きた盛り塩のような化け物も居る。どこも化け物だらけで、その上で、私が、「化け物だ」と呼ばれる。目くそ鼻くそを言う。まったくその通りである。世の中なんて、そんなもん。

坊さんは、見た目は、清純に見えても、得たいの知れない力を持ち始めると、ろくなことにその力を使わない。トイレまで近づいてきた人が居て、それで、「女犯」と言って、追い払った。これを信じてもらえるかどうか解らないけれど、私は、所詮、頭を丸めていようと、煩悩を祓う修行というのは、形から入って消せるほど、そんな簡単に得られる境地じゃないと思った。酒に溺れる坊主も居れば、女の尻をじぃーっと視ている坊主もいるし、袈裟は立派でも、その袈裟の下で、何をしているか、解らない。

邪心体ゲス堕という人物が現れた時に、聞こえてきてた言葉。「邪心は、蛇神のじゃしん」「ゲス堕は、クズに堕ちた蛇神」って意味。または、「いい神さんとしての蛇神じゃなくて、人々に災いをもたらす 悪しき者としての意味」 それで始まったのが、「おまえは、モバゲーに来るな!おまえのレートは、青だから、上級者部屋に来るな!と言いながら、腹の底は、「おまえが来るだけで、まわりに災いが起こるから、消えろ。死ね。存在するな。死ね。」これ作ってない。最初から、そんなくだらない妄想から、私への嫌がらせが始まった。2016年、私の部屋に来たハイルのファンたちは、「まだ生きてるのか?」「まだ出て行かないの?」「え。なんで、こいつまだ生きてるん。早く始末しろよ」と、2月頃か、一番激しくなったのは、5月過ぎてからだ。「台風をこちらに向けたのは、おまえだ。おまえが災いをもたらした。おまえのせいだ!死ね」これが、毎回、私の部屋でこだましてた。今、17号来てるんで、本州に近づいたら、また、若手のファンが来て、「おまえのせいだ!おまえのせいで台風来た!ハイルさんの言うとおり、おまえは災いの種だ。消えろ!」が始まる。いまのとこ、静かだな。背後で、息を潜めているように、心を無にしようと必死こいてるおじさんが視えてる。なんだろね。朝の静かな始まりは、一生得られないだろう。私に、静かな世界はない。ずっと、24時間、ひっきりなしに、どっかから、流れ込んでくる会話に、「あ。これ聞いておかないほうがいい。スルー。右から左忘れろ」と言い聞かせて、母から、「いらん事言ったらだめやで。吉田んばばぁに聞かれても、言ったらだめ。わかったか」と言われ、いっつも怒られっぱなしの人生。19歳になった頃、「おまえの脳みそは、10歳並だから、おまえの精神にみあったもんが、近づいてくるんやろ。おまえが、20なっても、同年齢の子とは合わんやろ。」と言われ、しょうがねぇーじゃねぇーか。どいつもこいつも、腹黒に育ってて、なんの目的で声かけてくるのか、近づいてきただけで、だいたい危険信号出てるから、適当に話し合わせて、さいならーってするんだし、特に、女なんて、10歳以下で、もう女完成されてて、腹黒の塊だ。どいつもこいつも、嘘を付くことに慣れてしまうのが、この年齢で、ろくなもん育ってない。どいつこいつも、そんななのに、なんで、私がそいつらに合わせないといけないの? めんどくせー。女は女同士で、ちちくりあってりゃいいんだよ。男は馬鹿だけど、まだ、女の腹黒さにくらべたら、本能のほうが先に立つんで、すぐバレバレで、女の10代にさえ、すぐころっと騙されるほど馬鹿だから、まだ、純粋といえばいいか・・・それでも、本当に馬鹿だから、本能のままに、「俺のこと、視てただろ。俺に惚れてるだろ」と、本当に本気で、「目を一瞬合わせただけで、自分に惚れてると信じ込むのが、男の馬鹿さ」で、本当に、男がどれだけ馬鹿か、女がどれだけ腹黒か、視てきたわ。それが、人間。人間なんて、女の腹黒に、男の馬鹿でかけ合わせた、どうしようもない生き物。それしか視えない。さようなら。ここ視てる人も、それが人間だから、さようなら。納得してください。

最近思う。ジョン・レノンの死を。彼の死は、熱狂的なファンによる。ファンがいる人って、ぜんぜんうらやましいと思わない。まず、ファンの期待に応えなければならないプレッシャーがある。次に、ファンサービスのための笑顔を作らないといけない。次に、買ってもらうための戦略と、個人の感情は、別にして、「いかに我慢できるか。」それにかかってる。そして、もう終わりたいのに、終わらせてくれないファンの期待に応えられなくなった時、自分が自分を終わらせようとするか、はたまた、ファンから、印籠を渡されるか。または、「まだ花がある時に、あなたの一生を、私の手で手折ります」と、殺られるか。そういうのが、ファンの怖さだと思った。私は、ファンは恐い。いつか、必ず殺されるからだ。以上

午前4時41分現在 妙なことを言われる幻聴に。内容は、こう。「なんで解るんやろか・・あの子」「なんで、解るん?」という混乱してる様子の女性の声。複数か?これ、答えようにも、本当に聞こえてきてるのか、解らない。ただ、「癌よ!あの子、恐い」というのも聞こえてきてて、なんかうんざりする。応えれるとしたら、「それは、殺意を向けて来てる人の声は、直接響くよ。そりゃそうだろ。人の殺意って、直撃するの。脳天にね。今までも、あなた達以外にも、何人か向けてきてて、おとといの夜は、これから寝ようという時に、脳天に向けてきてて、眠れず、「じゃかぁーしぃ!腐れ爺ィ!ばばぁも、だまれ!」と叫んでた。どっかの教団のハイルという幹部のファンクラブみたいなのがあって、そのファンが、私のことを、「ハイルさんの敵!殺してやる!」と襲い掛かってくる声で、最近は、この手の声に悩まされてる。問題は、もっと色々あるけど、私の幼い頃は、生きてる人の声だけじゃなくって、二重に聞こえる妙な声で、「こっちに来い」だの「従え。」だの、あっちの世界の得たいの知れないものに、取り憑かれそうになってた。これが、私の幼い頃の独り言の正体。あいつらがよく出る場所は、体育館の隅っていうか、突然、同級の背中に ぽっかり真っ黒い穴みたいなのが出て、そこから、覗き込んでる何かだったり、倉庫だと、誓わされた。契約しろって。なんか恐い影みたいなもんに。あとは、やっぱ、この家に引っ越す前の、ここに家が建つ時に、来た時、誘われた。急にどっか居なくなったらしくって、気がついたら、知らない道歩いてた。え・・・っと、これ書いてたら、突然、壁から、「コン」って合図来るときある。それと、この前の前の日記だろうか、書いた途端、「天井から、ずしん!っとでっかい手で叩き落されたような音が鳴って、びくっとした」 こんなのが、私の2歳から、ここに越してから、ずっと続いてる。ここ、なんか居る。影、ちょろちょろ動いてるし、変わった家。以上です。

午前4時13分現在 その10分ぐらい前から聞こえて来ていた幻聴。会話の声。男二人か?ごちゃごちゃ聞こえてくる。男二人。女3人だな。1人は、ラスボスの声そっくりの声。なんで、こんな声聞こえるんだか。内容は、私に関する会話。最初にこういう出だしから始まる。「ええん?!あのままほっといて。あの女。」 と、二人の女性に、ラスボスが訴える様子と会話。あんたの旦那?または、お父さん?と、両方聞こえてきていて、同時に話してる感じ。それに、こう対応してる二人の女性の姿までおぼろげで、ちょっと解かんない。まあいいか。その二人の女性に向けて、「あの女を、このまま、ほっといていいのか!?あんたら!」と、煽ってるラスボスの抗議。それに対応してる二人の女性の受け答え。「あんなこと書いて。●●●ちゃんって、癌よ。あの子、ほんとに癌やわ!」 それが返答。男の人二人が、ものすごい形相で、こちらに殴り込みに来ようとしてる様子が、次に視えてて、それを必死で止めてる感じの女の人と、それを笑いながら、「やれ!やれ!やってこい!」と、腹の底で笑ってるラスボス。表立っては、「本当にいいんな!このままほっといて!」と抗議してる姿。嫌な情景っつーか、・・・急に静かになった。

午前1時17分現在 また、近所の人の声で聞こえてくる。きりがない。もう月曜だ。疲れる。あの教団による5件の訴訟を見つけた時に、こんなことが書かれてあった。訴えを起こした側が、皆「うつ病におちいった」 この記述がやたら多い。どういうことだろう。前も、リンチ事件が二件ネットで引っかかってきており、そこを読むと、おどろおどろしい内容が書かれてて、最後まで読めなかった。どうして、あの教団に関わった人物が起こした訴訟が、全て「途中で棄却または、関係者が全員行方不明だと書かれてあったのか」 そこが疑問だ。何かあるんだろうか。私に聞こえている幻聴の多くは、ハイルという言葉に酷く反応を示す。単なる幻聴にしては、えらく出来上がってる。今も、「ばぁーかが!ばぁーか!言ってろ!」と、また、近所のおばちゃんの声にそっくりの声で返ってきた。びっくりする。私は、部屋の中で、一言も口から発してないのに、だから、朝方、記録を取った。もうすこし細かく幻聴の特徴を視てみる。ここまで記録する。

ある教団のガキどもの声 内容 「●●さーん・・きゃはははw言っていいのぉ??そんなことぉwきゃははははw ばらまいてやるからぁ 楽しみにしててぇー」 これが、女の声で二名。男の声では、「やめんか!刺激するな!」と言ってる声一名。これは、すぐ気がついた組の声。その前に、部下の失態は、上司が負うのが筋なので、ハイルに言うけどいい?と、幻聴で伝えてくるガキどもに告げたら、「急に慌てだす」 いっつもそう。なんだろ。この幻聴も、いっつも同じパターン。そして、背後で、いつも、「さーん・・・さーん。。。」と、呼ばれる。私のことを、「さん」と呼ぶ声に、びびる。それと、身内の声。あと坊さん3名。あと誰だろ。近所のおばさんたちの声4名。おじさんの声で、南の方角から、「おんな!」と叫び声。これが、いま現在、私が確認してる声。

ここで始まった幻聴は、2歳から始まる。それが、10歳ぐらいにピークに達して、その後は、ときどき聞こえてきたり、聞こえなかったり、そして、ネパール地震の後、去年、急に、急激に10代の頃の激しい幻聴に悩まされるようになる。なんか開発されたかのような、この幻聴が聞こえはじめたのは、あきらかに、ワールドメイトのShefieldの友人だと語った人物複数から近づかれ初めてからだ。去年4月25日以後、何があったか。邪心体ゲス堕による、「あの方の名誉のために、おまえを殺す」という脅しから始まり、「あなたと私は、ライバルよ^^ あの方は、あなたには渡さないから」という発言も記録。気持ち悪いことを言ってくるやつだなと思った。あとどんな発言だっただろうな。急に、背後で、幻聴が小さくなる。「さーん」が。

ラスボスへ そのおじさんを焚き付けたの、あんたじゃん。私が困ってる時、無理やり部屋に入れさせろって近づいてきた あのじじぃのこと、知ってて、窓から、「やられろ」と言ってたのを聞いてた。あのとき、あんたのことを、本当に見損なった。まだ、ましだと思ってた。あのとき、完全にこの地域の住民全て、クズだと思った。奥さんがいる人を、「他の家庭に夜這いに行かせる」 ここは、そんなことがまかり通ってる場所だと思った。笑ってるのが聞こえる。恐ろしいは、なんで、あんたの声に、こんなに似て聞こえてくるんだろ。谷口のおじさんの時も、いつも、私が襲われてる寸前で、いつも、あんたがいた。近くで笑ってるあんたの声を確認した。最後にやってきた あのじじぃも、母の介護中に来た、あのじじぃも。うるせー。私に「癌!」と呼びつけるのはいいけれど、クズなことをしてきたのは、てめぇーらだろうが!私は、黙らない。絶対に黙らない。一方的に、人を悪者扱いしておいて、やることは、人間のクズ。目に焼き付けてる。おまえらの顔も、全部覚えてる。今顔が変わってても、私が焼き付けてるその顔に向けて、祈る。

あんたは、奥さんが居るだろうに、私のところに来て、「中に入れろ」と言ってきた。私は、あんたのことは、一生許してない。母が亡くなったとたん、てめぇ、なんの目的で、うちに来た?てめぇの目的は、なんだ? あんた、自分が私に、何をしたか、おぼえてねぇーのかよ!私は、あんたなんか誘ってねぇー! てめぇのみたくもねぇーきたねーもん、私は、高校の時みせられて、忘れたくても忘れられないんだ。切り刻んでやりたい。あんたを誘ったことになってる。ずっと、私が誘ったから、そんなことをさせたってことにされた。絶対に許せない。忘れないわ。殺してやりたいぐらい憎んでるわ。てめぇーのことをな!

「へぇーw 嘘つけ。おまえがお盛んなんだろが!」と言ってくるラスボスの声にそっくりのおばさんの声がしてきたので、だったら、エロ動画流してやろうかと思った。私がエロ動画を視るようになったきっかけは、どうしても、男の下半身を見慣れることが出来ず、そりゃ、見慣れなくてもいいけど、男が近づいただけで、どうしても嫌で、リアルで男がどの距離まで来たら、やっぱだめなのか、正直解らない。あきらかに、何か上から下までじぃーっと視てくる男とか、そういうのが居ると、たぶん、というか、間違いなく反射的に、せまってきた時点で、刺す。前付き合ってた人も、ネット上で、慣らすためというか、どうしても慣れなかったけど、エッチは出来ない。触れられたくない。視るまではいいけど、自分が、誰か知らない男性とヤッてるのを想像するのは、やっぱ殺すことしか想像できない。殺してやりたい。兄は、私にどうしてほしいんだろ。恐いよ。気持ち悪い。視るだけなら、男の本能で見れる。やっぱ、どっか男なんだと思う。女として、動画視てるんだろか、それよりも、私は男と、嫌だ。殴ってくる。自分が気持ちいいと思わないと、すぐ男は殴る。自分のことしか考えてない。愛なんてない。セックスは、苦痛でしかない。何も感じないのに、無理やり感じろと言ってくるし、なんにもぜんぜん解らないのに、解らないのは、愛情がないと言ってくる。愛情がないから、俺のもくわえられないと言ってくる。しまいに、自分の思う感度が得られないと言って、おまえとは合わないと言い出す。受付の娘はうまかったと言い出す。そして、下手だと殴る。男なんて、全て死ね。死ね!死ね!死ね。

最近、私の部屋に、お坊さんが、ずっと居座ってる。背後で、ずっと話し声がしていて、くっついて来られるのと、じっと視ているのが視えて、気持ち悪い。それで、ずっと「女犯ですよ」と言って、「もう本州のお帰りください」と訴えている。生霊といえばいいのか、心を飛ばすことが出来るらしいけれど、もういい加減嫌だ。なんなんだ。この坊主どもわ!いやらしいにもほどがある。

日本最大級の葬式検索サイト 「暮らしづくり 終活:お葬式」

日本最大級の葬式検索サイト 「暮らしづくり 終活:お葬式」

ネットスーパーで売ってる野菜って限定された野菜がほとんどで、細かい珍しい野菜とかないので、産地産地によって、その土地ならではの野菜が入ってるのが、築地の野菜なので、そういうのがほしいなと思ったら利用する。一番感動した野菜は、「太郎芋」 ものすごくでっかい里芋。めちゃくちゃ美味かった。いつも入ってないよ。運がよければだけど、リクエストに書いて入れてもらえるかどうか^^;そこは、お店のおっちゃん次第でしょうb

マダ暑いからセール!3300円税込!クールに!

築地市場!わけあり野菜鮮度保ってクール便!スーパーより安いよ!安全!新鮮!アレを避けて12品+

価格3,300円(税込) 

気になる人は、クール便。私は、冬場になったら考える。今買わないのは、ネットスーパー利用してるから。どーんと一発ほしいときに利用してるお店が、ここ。

築地市場!直送!スーパーよりゼッタイ安いよ!安全!気になるの避けて!わけあり新鮮野菜詰め合わせ15+のレビュー・口コミ – Yahoo!ショッピング – Tポイントが貯まる!使える!ネット通販

築地市場!直送!スーパーよりゼッタイ安いよ!安全!気になるの避けて!わけあり新鮮野菜詰め合わせ15+のレビュー・口コミ – Yahoo!ショッピング – Tポイントが貯まる!使える!ネット通販

豊洲 市場関係者に空洞図提供 | 2016年9月25日(日) – Yahoo!ニュース

豊洲 市場関係者に空洞図提供 | 2016年9月25日(日) – Yahoo!ニュース

夢の中で視た 殺人の夢。私は、夢の中で目が覚めた時、近くで、介抱している男性が居て、その人の顔はよく視えないんだけど、私の横たわっていたところに、一緒に、誰か知らない若い男性も横たわっていて、事切れていた。それを、何か注射器みたいなものを刺して、介抱している男性が、慌てて、私が目覚めているのも気づかず、私と目が合ったとたん、体を硬直させて、その場にへたりこんでた。なんか、「死んだはずじゃなかったのか・・」って感じの様子。なんの意味があるのか解らないけれど、まるで、私がその若い男と心中したかのような場面だった。そして、若い男は、介抱してくれているとばかり思ってた男性が持ち出した注射器を刺されて、何か入れられた後だろう。死んでた。私が目覚めた時は、そういう情景だった。恐い夢だった。その後で、地を這いつくばって、私は、どこかへ向って行ってて、そしたら、20人の人が集まってる集会に、医者とおばちゃんと数人の男たちが、しかも、9年前視た近所の人たちが集まって、笑い声をあげながら会話している場面だった。その時、一緒に居た医師の1人が、私を視て、「哀れそうに視られた」 まるで、「殺して悪かったな」って感じの夢。私は、生きているのに、その医師は、私を視て、そう哀れんでいた。まるで、なんだ・・これ。誰かに、注射器で、何か注入されて、殺されるって暗示だろうか? 恐い夢だな。

だいぶ前から、変な幻聴は届いてた。それと会話した。それは、一つ実験が含まれる。「私が、家の中で声を出して 部屋に声を響かせて相手に伝えた時の反応」 と 「私が、声も出さずに、心で思っただけの 心の中で出した言葉で、相手に伝えた時の反応」と ちゃんとわけてる。「心で思っただけの思った言葉を、相手に伝えた時の反応は、「近所のおばちゃんの声そっくりで返された」 その時、「わかっちょらせんわぁ・・」は、よく返された。」 反対に、部屋の中で声に出して大声で相手に伝えた時の反応は、「1人だけ台所の非常口近くで始まるんだけど、そこから追いかけて来て、南の私の部屋のここで、問答になった」 なんかある・・ 今、14時39分現在 これを書いてるんだけど、ものすごい夢を視てた。起きる寸前に、私は、医師の顔をはっきり視た。眼鏡をかけた白髪の四角い顔に、シワのある男性。白衣を着て、こちらを覗いていた。視たことのない医師だった。他は、全員で、20名の男女。女が一番多い。白衣の医師と、おばさんたちの集まりの夢。集まっている場所は、長テーブルのある部屋。近くに、体育館がある。どこだろ。

午前10時10分現在 これが、誰の声か?と思い浮かべたら、5年前もっとか、9年前、まだ近所を歩けていた頃、私が耳にしたおばちゃんたちの声だってことぐらいか。今現在、そのおばちゃんたちの声が、当時と変わらず、同じ調子で話しているなら、間違いないんだけど、なかなか難しい。昨日の夜、そのまた前の夜、一番命の危険を感じた声が届いたばかりだ。7人。男女。聞き覚えのある人たちの声。でも、姿を確認出来ない。正確には、カーテンを開けても、そこに居る人が、当時のままではないので、誰が誰だと判別するには、そうとう近づいて、耳をそばだてるより無い。その上で、こんだけ幻聴が聞こえてきており、その声が、近所の見知ったおばちゃん、おじちゃんの声で届いてくる。確かめるためには、「私を前にして、私が録音ボタンを押して、私が教えていない毎日書いている日記の内容の一部でも口にしているのを録音できれば、その人が、犯人もしくは、警察に相談できるレベルまで、調べてもらう話しのきっかけにはなる」 ようは、「5年前から、家に閉じこもりきりになった。病状の悪化。それは、確かなので、私は、そこを証明できる。その以前も、母の介護でつきっきりだったので、近所と会話をしたか?当時、罰金免除容疑で、村八分状態にされていたので、まったく近所とは会話を交わしていない。誰も、私と話そうとしていないからだ。なので、あわせると、9年間、誰とも話していないことになる。集金はあった。班長さんから。当時の班長さんから、「電話をかけてくるな!今度かけてきたら、警察呼ぶからな!しつこいやつが!」と言われており、班長でさえ、そうだったのだから、他の班の人と会話をすることがあったか? ない。あるとしたら・・・いや、ないな。なにしろ、隣の小野のおばちゃんのところに、救急車が来たような音は確認していても、「その後どうなったんだろ?」と思って、誰にも聞けず、今年になって、新しく越してきた菅のおばちゃんに、まあ、北に住む隣人なんだけど、このおばちゃんから聞いてる。「あれ?知らんかったん?もうだいぶ前に、亡くなったよ」と聞いて、びっくりしたのを覚えてる。あとは、実際に会話した時に、不審に思ったような、変なことを言われた記憶か・・ 同じおばちゃんだけど、「●●●ちゃん。だーれも信じたらあかんで。わたしも信じたらあかん。ここは、ひとに、ありもしないことをかける。恐ろしいところや。びっくりしたわ。」その先を思い出せない。それを、いきなり言われたことがある。御手洗のおじちゃんが、新しい班長さんになって、最初の区費を集金に来たときも、なんでおじちゃんが1人で集金してるんやろに、ぜんぜん関係のない菅のおばちゃんが、後から玄関開ける前のおじちゃんの傍まで来て、いっしょに、そこに立ってたんやろ。それが、ものすごく奇妙に感じてる。他、なんかあったかなあ。幻聴で聞こえてくるものは、本人を視ていないし、本当に本人が発しているのか、解らない。ただ、2016年5月17日以後、私の家の庭先で、「おまえの日記読んでるぞ」と脅してきた人がいて、その人物から、何をされるか、解らない恐怖で、警察に通報した。当時、ネット上でも、私の亡き父の実名が晒されるのを、私の目の前でされており、それとの関連も疑い、警察に話した。そこで、県警が市警に電話して下さり、市警から、刑事が二人みえられた。この刑事さんから、その後、見せた証拠をもとに、一言、こう言われた。「こんなことが出来るのは、近所の人でしょ」と言われ、びっくりした。その後、「URLを入れれば、こんな個人情報は、すぐ調べられる」そういう罵声で、時折、庭先で大勢で聞こえてくるようになり、その時の恐怖は計り知れない。その日から、一睡もできなくなり、その後、この幻聴が、じかに、脳天を直撃するように聞こえてくるようになる。精神的に、そうとうまいってる。犯人が捕まっていない状態で、しかも、その犯人が、どんな目的があり、私に、「おまえの日記読んでるぞ」と言って現れたのか。「私を殺害しようとしているのか」「私をレイプしようとしているのか」「私から金銭を脅し取ろうとしているのか」「私の家を燃やそうとしているのか」どれなのか、はっきりしない。二度だけだけど、玄関前に、男の影が映り、さっと逃げたのを確認してる。もう一つが、「お前の日記読んでるぞ」と言ってきた人物が現れて以後起こったことで、私が書き物をしていた頃、深夜2時過ぎだ。「カサ・・カサ・・」と背後の庭の地面に草が茂っている状態までは確認してるので、その庭に、誰かが草を踏みしだいて、侵入してくる気配が、音として聞こえてきていました。あの二度の侵入者の出した音だけは忘れない。恐怖が増したのは、あの二度の侵入者による何かしらの目的を持って訪れた行為です。刃物を持っていたか。解らない。でも、1人は男だった。男が、独り住まいの女の家に侵入する目的は、なんでしょう?私には、殺しが目的だとしか思えませんでしたよ。犯人さんへ。ここを読んでいる 犯人へ。あなたは、ネット上で、私に、去年2015年7月4日、「おまえをレイプし、殺す」と脅してきた 邪心体ゲス堕と、何か関係のある者ですか? もしくは、あなたが刑事さんの言っていた近所の人なんでしょうか? 私の命を狙うのは、なにが目的なんでしょうか? 教えていただけませんか?